忍者ブログ
最新のモテ情報を報告します。
[39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

20日、シネセゾン渋谷で映画『BUNGO -日本文学シネマ- 高瀬舟』の公開記念舞台あいさつが行われ、主演の成宮寛貴と富樫森監督が登壇した。文豪・森鴎外の名著を映像化した本作で、成宮は愛する弟をワケあって殺した罪人・喜助を演じた。

  実生活でも弟がいる成宮は、主人公が弟を殺して、晴れやかな表情を見せるシーンに当初は「どういうこと?」とかなり戸惑いがあったと告白。どのような表情 をしたらいいか、本番ギリギリまでわからなかったといい、富樫監督も「そこを(成宮が)わかってくれるか、不安なままクランクインした」と振り返った。も ちろん、最終的には役柄の心情を理解して、見事に喜助を演じきった成宮。「何が何でもやるべきだと思った役柄。僕自身、弟大好きなので、グッときました」 と難役をやり遂げた達成感に満ちあふれていた。

 また、富樫監督からその妖艶(ようえん)な表情や雰囲気をべた褒めされると、成宮は「僕がもともと持っているものです!」と自信の笑顔を見せる場面もあった。

 『BUNGO -日本文学シネマ- 高瀬舟』は森鴎外の名著を原作に、高瀬舟に乗せられた罪人・喜助(成宮)が、護送役の庄兵衛(杉本哲太)に弟殺しの悲しい内幕を語るというストーリー。

映画『BUNGO -日本文学シネマ- 高瀬舟』はシネセゾン渋谷で公開中。6月19日にアニプレックスからDVDが販売される。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索